お問い合わせに関して

 岡山本部道場の稽古終了に伴ってでしょうか,神戸道場への問い合わせが増えてまいりました。
 お問い合わせに対してはそのつどお返事を差し上げていますが,この場を借りて,一般的な留意点を申し述べておきます。

 神戸道場では保江邦夫先生の指導を受けることができません(年2回を除いて)。
 神戸道場は冠光寺流の道場ではありますが,(浜口の指導助言による)自主稽古の会であるという特徴があります。
 また,神戸道場では,内面技法よりも身体技法に(時間的に)重きをおいた稽古を行っています。【註】
 それゆえ,神戸道場としましては,これらの神戸道場の特殊性を理解していただいた上で入会を希望する方のみを,受け入れています。
 見学・体験は行っていません(営利目的ではないので)。
 入会された方は冠光寺流の門人となります(入会は入門を兼ねる)。
 入会金はいりません(月会費5000円のみをいただきます)。
 稽古日は非公開で,月4回の週末(土か日)の午後または夜です。
 場所も非公開で,神戸市長田区・神戸市東灘区・芦屋市のいずれかです。
 詳細は月ごとに,会員および入会希望者にだけお伝えしています。

 もし,どうしても“体験”したいということであれば,氏名住所を明らかにして入門し,1回だけ稽古に出れば「5000円払って体験した」のと同じことになりますね。
 それはそれでいっこうにかまいません。

 お問い合わせは,
 cdtdxdydz@gmail.com
までメールでお願いいたします。
 メールタイトルは必ず「神戸稽古会問い合わせ」としてください。

【註】
 内面技法と身体技法の意味については,2015年12/23のオープン稽古会のレジュメをご参照ください。
 内面技法と身体技法のまとめ
 なお,レジュメの内容(すなわち神戸道場の稽古内容)には,「本来の冠光寺流の部分」と「浜口が追加した部分」とが含まれています。
 もともとの冠光寺流の部分は,§1の(2)および§2の(1)だけです。
 このことは古い門人の方には明らかなことですが,新しい方にはわかりにくいと思われますのでここで補足しました。

 (2016年1月)

 トップページに戻る