神戸稽古会(冠光寺流神戸道場)の紹介


神戸稽古会とは
 冠光寺流門人の自主稽古の場として2010年1月にスタートした稽古会です。
 設立の詳しい経緯は炭粉良三著『合気真伝』(海鳴社)に書かれています。
 2011年1月から正式に「冠光寺流神戸道場」となりました。


当会の事業
 神戸市内の体育館で月4回の稽古を行います。
 年に2回ていど保江邦夫先生を招いて特別稽古を行います。
 (
留意点)

入会資格
 冠光寺流門人であること。
 当会でも入門を受け付けます。


会費について
 当会の事業に資するため毎月5千円の会費を徴収します。

問い合わせ先
 神戸稽古会代表の浜口までメールでご連絡くださいcdtdxdydz@gmail.com
 見落とすといけませんのでメールタイトルは「神戸稽古会問い合わせ」としてください。


トップページに戻る