皆様、今日は!
炭粉良三です。
随分、お久し振りです!

実は私は今、大変大きな仕事に今年から携わっています。それは年に2回ミャンマーに赴き、向こうの(悪名高き)軍部に日本武道の最高奥義「合気」を教えるという、実にとんでもない事なのです。
これには、経緯があります。
吉岡秀人という、もうミャンマーに渡り20年以上もの間、向こうの貧しい子供たちに無償で手術を行い多くを救って来たという、有名な小児外科医師がいます(人気番組「情熱大陸」でも3度に渡り特集されましたから、御存じの方も多いでしょう)。この吉岡医師が、突如として昨年末、私の前に現れたのです。聞けば彼は昔大分大学の医学部生だった頃に、大変熱心な拳法部員だった。そしてその頃「合気」について聞き及んだ。しかし部員同士でいくらやってみても、合気など出来なかった事から「合気はインチキだ」と断定。ところが10年程前に炭粉良三が書いた「合気解明」を読んだ。そして自分と同じく合気を否定していた空手家・炭粉良三が実際に合気と遭遇し、その実在を認めざるを得なくなった…という物語に大変興味を引かれた、との事でした。
つまり、吉岡秀人医師は私の本の、熱心な読者だったのです!
私の患者である桂川雄太を通じて私とあいまみえた彼は、是非その合気の技を見せて欲しいと言います。だから私も畑村洋数(今は「洋和」と改名)会長の道場を借りて、合気の技を嫌という程にお見せしたのです。その事がキッカケで、私は吉岡医師から「愛に由来するというその合気の技を、是非ともミャンマー軍部に教えてやって欲しい。それによって彼らを、おとなしくさせたいのだ」との依頼を受けるのです。
相手は一国の軍隊です!だからまさに命がけでした。しかし意を決してこの3月ミャンマーに赴くと、あにはからんや大成功を納めてしまったのです!以降、年に2回、私はミャンマーにて軍部に合気をコ―チしつつ、吉岡秀人先生の興した特定非営利活動法人ジャパンハ―トを支援するという仕事(「ハリマオ計画」と呼ばれています。命名、保江邦夫)に就いた訳です。
私はこの仕事を文字通り人生最後の仕事と受け止め、実際にミャンマーへ行った事を含め、1冊の本にまとめました。「永遠の合気」と言います。そしてこれを以て、作家・炭粉良三を引退しようと考えました。
ところが、です。
それなのに今度は出版社の方が、出版不況を理由に…出版してくれないのです!
仕方がありません。私は出版を諦めました。
すると、「勿体ない!ウチのサイトで良かったら、それを通じて公表してみないか?」と誘ってくれた人がいたのです。
それは、昔私がまだサラリ―マンをしていた時に勤めていた会社のOB会が運営するサイトで、そのOBの方々の中の1人でした。「北浜睦会」と言います。私は、そこでの発表を決意しました。しかし同時に「それなら神戸稽古会のホ―ムペ―ジにも同時に発表しよう」と思い立ち、浜口さんに打診し快諾を得ました。

そこで月に1回ずつ10回(つまり10ヶ月)に分けて、この「永遠の合気」を掲載する事に致しました。この難しい「ハリマオ計画」を行うにあたり、決めた相当の覚悟。そこに至るまでの葛藤。そして、その実際…それらを、余すところなく描きました。
10月より、各月5日(5日が日曜の場合は6日)に掲載されます。そして終了までの間にも私はミャンマーに参りますが、執筆はもうこの「永遠の合気」を以て最終回にしようと、今のところ考えております。

どうか、炭粉良三がその人生最後に与えられた困難な仕事に挑む姿を御覧下さい。
そして、その事が、皆様方の御修行の一助となる事を、願って止みません。
平成30年10月、炭粉良三

永遠の合気 第一回
(2018年10月5日)

トップページに戻る